ブログ
ブログ

2019/04/16
道楽
 依然時間的な余裕がなく、今回も短く。同業者を含むホームページ(HP)について二言三言。

 私にはいくつもの道楽があります。HPもその一つ。「桂川通信」の第1回と同時にHPを開設し、中身も月2回の桂川通信が中心。今は内容がパターン化したものの、当初はネット上の多数の同業者らのHPを参考にしました。

 分かったのは、事務所のPRや集客のためか、世の同業者のHPにはやたら自慢話が多いこと。労働関連の法改正や手続き上の注意点など、実務に関わる地味な話題を前面に掲げているHPの多さにも目がとまりました(これは当然かも知れません)。

 私は自慢話と人の悪口は、口にするのも、耳にするのも嫌いなので、HPでその種の話を記すことはまずありません。もしそう読める箇所があったなら、冗談か消し忘れです。その意味で、臆面もなく自慢話を載せている他人のHPは(社労士に限らず)底が知れている、または単に「水準が低い」と見なしてそれ以上読んだりはしません。なお「水準が低い」というのは悪口ではなく「批評」です。

 同様に、社労士関連の実務上の情報などは、外部から買っているメルマガのコンテンツに多く盛り込まれているので、ブログにあたるこの「コメント」で実務の話を述べ立てることは多くはありません。人事労務や年金の話など、直接の関心を持っている方以外には正直、退屈なものですから。

 6年目に入ったHPやメルマガが宣伝や集客に役立ったことはほとんどなかったように思えます。HP経由の問い合わせやスポット仕事の発注は月に1度もあればいい方。とはいえ、書くのは苦にならず、自分で書ける部分はそのときの興味で好き勝手に綴って気分転換・自己満足しており、いわば絵に描いたような道楽という流れです。

ブログ
ブログ

2019/04/16道楽
2019/04/03いちご大福
2019/03/18安土城
2019/03/03働き方改革セミナー
2019/02/18引っ越し

>> 一覧へ

ごあいさつ
ごあいさつ

あいさつ用顔写真  ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。高田社会保険労務士事務所の高田茂弘です。ここでは、当事務所の業務内容についてお示ししています(2017年1月現在)。



 経営者の方/人事・労務担当者の方へ

2017年を迎え、「ごあいさつ」のページも刷新しました。皆さま方にどんなサポートができるか、社労士としての実務の中で何を得意とするか、といったことをお伝えしたい、と存じます。

(1)各種助成金のご相談に乗り、申請を全面的に代行します

開業・登録して3年半。最も得意とするのは、厚生労働省が提供する各種助成金の申請代行です。
雇用保険関係の助成金は、社会政策に沿った政策誘導を図るもので、資金規模も大きく、原則として「もらい切り」ばかりです。近年では、アルバイト・パートなどの処遇改善をめざす経営者を対象にした「キャリアアップ助成金」や正社員向けの「キャリア形成促進助成金」、離職率の低下に対してボーナスも出る「職場定着支援助成金」などが人気で、当事務所でも積極的に経営者の皆さんに活用を勧め、多数の申請を代行させていただいております。

受給には、
活用のための計画策定や労務管理などの要件がありますが、受給できるとなれば、まとまった雑収入になって経営面にとって大きなプラス。どんな助成金があり、どう準備すればいいのか、ご相談に応じさせていただきます。申請作業はかなり複雑ですが、経営者の労力・手間ひまを最小限に抑えるよう心がけて、代行作業に奔走します。

詳しくは「助成金」のページへ


(2)労働保険・社会保険の事務手続きを着実に代行します

行政機関に対する労働保険(雇用、労災)と社会保険(厚生年金、健保等)の事務手続きを代行します。

労働・社会保険をめぐる手続きは、企業経営にとっては、行政機関からの問い合わせを含め
煩雑で、実質的にほとんど生産性がないのが実情。当事務所に委託されれば本業に専念できる体制が維持できます。諸手続きに人手をさける専任スタッフを持たない経営者の皆さん、事務手続きの代行はまず、当事務所にご一報を。

(3)労働保険・社会保険に関するご相談に幅広く対応します

企業経営にとって労働保険・社会保険は公的なセーフティーネット。制度としてもよく出来ています。法的に義務付けられるという「受け身」ではなく、幅広い場面で生かせる労働保険・社会保険を「使いこなす」「受給できる権利を生かす」ことに向け、当事務所では各種のサポートを心がけています。労働保険・社会保険に基づくセーフティーネットを平時においても存分に活用し尽くす、という発想はいかがでしょうか。

(4)人事・労務に関するご相談にもきちんと対応します

時間外労働や職場環境のあり方など、企業の雇用態勢は千差万別。従業員の価値観も多様化し、労使間であつれきが生じることも増えています。「ブラック企業」と呼ばれる過酷・違法な職場を放置する企業も一部にみられるなか、あつれきを未然に防ぐ対処を心掛ければ、「ホワイト」な企業だとの評価も自然に集まってきます

私は特定社労士としての付記も済ませておりますので、経営者とヒザつき合わせて話し合い、より良い、より合理的・効率的な人事・労務管理に向け、「あっせん」の申請を含む、一段と内容のある各種サポートをさせていただきます。

(5)就業規則・各種規程の作成・見直しをサポート

就業規則は労使間で交わす「勤務全般に向けての総合的・集団的な取り決め」、言い換えれば「労使間で取り決めた職場のルールブック」です。従業員10人以上の企業は労働基準監督署への届け出が必要で、かつては大企業の就業規則をモデルとし、少し手直ししただけで済む時代もありました。

しかし最近は、労使間の関係は企業個々で異なり、雇用や労働条件をめぐるトラブルが多発していることを背景に
「リスク回避型の就業規則」に切り替えるケースが増えています(10人未満の会社でもリスクを避けるため、就業規則を作るところが増えています)。

当事務所では、白紙からの作成のほか、すでにお持ちの就業規則のチェック、一部見直し、全面改定などのご相談にいつでも対応できる態勢です。
賃金体系、退職金など各種規程に向けてもご相談を承ります。

(2)〜(5)については「人事・労務担当者へ」でもご紹介


(6)給与計算

月々の人件費を算定する「給与計算」は企業経営のベースにあります。労働契約書や就業規則等を踏まえた給与の計算は、社労士としての仕事の基本です。上記(1)〜(5)の各種実務も、効率的な給与計算を介して、労働保険・社会保険や助成金の「フル活用」の方向につながっていきます。

給与計算はエクセルでこなせる単純作業のように見えながらも、
事業所運営の根幹を支え、さまざまな経営力アップの「可能性」を秘めたジャンル。専用ソフトを駆使しつつ、多様な見直しを提案していきたい、と考えています。給与計算の付随業務としての「年末調整」「法定調書作成」も手掛けています。

なお、2016年1月から「マイナンバー制度」の運用が始まりました。当事務所は、行政サイドの指導には従うものの、「過剰反応」しないというスタンスで対応を考えています。給与計算でも、基本的にはマイナンバーの記載は不要なのに、「必要だ」という過剰反応を見受けます。当事務所は、行政サイドの運用上の緩和措置などをにらみながら、現実的に対処しています。


★年金でお困りの個人の方へ★

(7)障害年金の裁定請求代行

障害年金は支給を請求する手続きが複雑で、受給できるはずの方でまだ請求していない、あるいは受給する権利を持っていることすら知らない方もいます。この項は障害年金が受給できるのでは、とお考えの個人の方が対象です。まずは無料の出前相談から。遠慮なくお声掛けください。

詳しくは「年金のご相談」のページへ

                   

人事労務ニュース
人事労務ニュース

半日単位の年休を導入する際の留意点2019/05/21
3歳までの子どもの養育期間中に利用できる厚生年金保険の特例措置2019/05/14
障害者雇用 雇用人数・実雇用率ともに過去最高を更新2019/05/07
採用リスクを軽減するための試用期間の設定とその運用2019/04/30
年次有給休暇管理簿を作成する際の留意点2019/04/23

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 助成金制度は年度単位で予算が立てられているものが多く、年度初めに助成金の創設・改廃が行われるものが多くあります。2019年度に注目すべき助成金をいくつかご紹介します。>> 本文へ

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は通勤災害に関してとり上げます。>> 本文へ

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

雇用形態に関わらない公正な待遇の確保
パートタイム労働法、労働契約法、労働者派遣法の改正(同一労働同一賃金に関するもの)について説明したリーフレット
重要度:★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2019年01月
nlb0561.pdf(422MB)

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
育児・介護短時間勤務取扱通知書
従業員より受けた育児・介護にかかる短時間勤務の申し出に対し、その取扱いについて会社から本人に通知する際の通知書サンプルです。短時間勤務の期間や期間中の勤務時間・給与等に関する取扱いなどについて定め、通知を行います。
shoshiki730.doc(122KB)  shoshiki730.pdf(6KB)

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
是正勧告書
労働基準監督官が事業場に対し監督調査等を行い、労働関係法令違反があった場合に企業に対し交付する文書。是正事項と是正期日が記載されているため、事業場は是正期日までに指摘された違反箇所を是正し、報告しなければならない。

お問い合わせ
■高田社会保険労務士事務所/■〒612‐8485 京都市伏見区羽束師志水町165‐114/■TEL&FAX 075-202-9230/携帯電話090‐9881‐5702

メールでのお問合せ