ブログ
ブログ

2019/08/17
CSV
 PCでのデータ処理法の一つで、本業で使うと便利だと聞いた「CSV(コンマ・セパレーティド・バリュ=コンマで区切った値)」方式の手順を15日、やっと習得しました。

 台風10号の影響でほぼ終日雨が降るなか、延々と事務所に居続け、黙々とPCを操作。問い合わせ窓口・日本年金機構電子申請相談に10回近く電話を掛け、夕方ついにCSVファイル1本添付の電子申請にこぎ着けました。2カ月に及ぶ試行錯誤から一歩前に出た気分です。

 前回もCSV方式が使えないことをグチりました。ダウンロードして印刷した100頁近くのPC操作マニュアルは高校数学の教科書のように難解。解読が進まないのが情けなく、時間ばかりがムダに過ぎていきます。窓口の女性オペレーターはお盆さなかの終戦記念日、ロレツの回らない興奮した早口で「分からない」「難しい」を連発するアナログシルバーの素人が珍しかったのか、名前も覚えて下さって丁寧に説明を繰り返して下さいました。

 階段を一つ上がるのに2カ月もかかったのはなぜか。CSVのせいにするのは筋違いですし、日進月歩のIT新技術に追いつけないというのも理由にはなりにくい。要は、CSVを用いた労働社会保険の電子申請など、社労士業界のベテラン層が時折使っているだけのマイナーなノウハウで、こんな折は経験豊富な先達に訊ねながら習得するのが近道。ところが、開業5年の私には相談できる同業者がおらず、いわば「はぐれガラス」のようなポジションにあり、さらに簡単にはヒトに頼りたくないという妙な性分が絡みそうです。

 とはいえ、出来なかったことが出来た解放感はあります。きょう16日は五山の送り火。送信前に見物に出掛けてきます。

ブログ
ブログ

2019/08/17CSV
2019/08/03完売御礼
2019/07/17つなぎの話2つ
2019/07/02大阪
2019/06/17京都慕情

>> 一覧へ

ごあいさつ
ごあいさつ

あいさつ用顔写真  ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。高田社会保険労務士事務所の高田茂弘です。ここでは、当事務所の業務内容についてお示ししています(2017年1月現在)。



 経営者の方/人事・労務担当者の方へ

2017年を迎え、「ごあいさつ」のページも刷新しました。皆さま方にどんなサポートができるか、社労士としての実務の中で何を得意とするか、といったことをお伝えしたい、と存じます。

(1)各種助成金のご相談に乗り、申請を全面的に代行します

開業・登録して3年半。最も得意とするのは、厚生労働省が提供する各種助成金の申請代行です。
雇用保険関係の助成金は、社会政策に沿った政策誘導を図るもので、資金規模も大きく、原則として「もらい切り」ばかりです。近年では、アルバイト・パートなどの処遇改善をめざす経営者を対象にした「キャリアアップ助成金」や正社員向けの「キャリア形成促進助成金」、離職率の低下に対してボーナスも出る「職場定着支援助成金」などが人気で、当事務所でも積極的に経営者の皆さんに活用を勧め、多数の申請を代行させていただいております。

受給には、
活用のための計画策定や労務管理などの要件がありますが、受給できるとなれば、まとまった雑収入になって経営面にとって大きなプラス。どんな助成金があり、どう準備すればいいのか、ご相談に応じさせていただきます。申請作業はかなり複雑ですが、経営者の労力・手間ひまを最小限に抑えるよう心がけて、代行作業に奔走します。

詳しくは「助成金」のページへ


(2)労働保険・社会保険の事務手続きを着実に代行します

行政機関に対する労働保険(雇用、労災)と社会保険(厚生年金、健保等)の事務手続きを代行します。

労働・社会保険をめぐる手続きは、企業経営にとっては、行政機関からの問い合わせを含め
煩雑で、実質的にほとんど生産性がないのが実情。当事務所に委託されれば本業に専念できる体制が維持できます。諸手続きに人手をさける専任スタッフを持たない経営者の皆さん、事務手続きの代行はまず、当事務所にご一報を。

(3)労働保険・社会保険に関するご相談に幅広く対応します

企業経営にとって労働保険・社会保険は公的なセーフティーネット。制度としてもよく出来ています。法的に義務付けられるという「受け身」ではなく、幅広い場面で生かせる労働保険・社会保険を「使いこなす」「受給できる権利を生かす」ことに向け、当事務所では各種のサポートを心がけています。労働保険・社会保険に基づくセーフティーネットを平時においても存分に活用し尽くす、という発想はいかがでしょうか。

(4)人事・労務に関するご相談にもきちんと対応します

時間外労働や職場環境のあり方など、企業の雇用態勢は千差万別。従業員の価値観も多様化し、労使間であつれきが生じることも増えています。「ブラック企業」と呼ばれる過酷・違法な職場を放置する企業も一部にみられるなか、あつれきを未然に防ぐ対処を心掛ければ、「ホワイト」な企業だとの評価も自然に集まってきます

私は特定社労士としての付記も済ませておりますので、経営者とヒザつき合わせて話し合い、より良い、より合理的・効率的な人事・労務管理に向け、「あっせん」の申請を含む、一段と内容のある各種サポートをさせていただきます。

(5)就業規則・各種規程の作成・見直しをサポート

就業規則は労使間で交わす「勤務全般に向けての総合的・集団的な取り決め」、言い換えれば「労使間で取り決めた職場のルールブック」です。従業員10人以上の企業は労働基準監督署への届け出が必要で、かつては大企業の就業規則をモデルとし、少し手直ししただけで済む時代もありました。

しかし最近は、労使間の関係は企業個々で異なり、雇用や労働条件をめぐるトラブルが多発していることを背景に
「リスク回避型の就業規則」に切り替えるケースが増えています(10人未満の会社でもリスクを避けるため、就業規則を作るところが増えています)。

当事務所では、白紙からの作成のほか、すでにお持ちの就業規則のチェック、一部見直し、全面改定などのご相談にいつでも対応できる態勢です。
賃金体系、退職金など各種規程に向けてもご相談を承ります。

(2)〜(5)については「人事・労務担当者へ」でもご紹介


(6)給与計算

月々の人件費を算定する「給与計算」は企業経営のベースにあります。労働契約書や就業規則等を踏まえた給与の計算は、社労士としての仕事の基本です。上記(1)〜(5)の各種実務も、効率的な給与計算を介して、労働保険・社会保険や助成金の「フル活用」の方向につながっていきます。

給与計算はエクセルでこなせる単純作業のように見えながらも、
事業所運営の根幹を支え、さまざまな経営力アップの「可能性」を秘めたジャンル。専用ソフトを駆使しつつ、多様な見直しを提案していきたい、と考えています。給与計算の付随業務としての「年末調整」「法定調書作成」も手掛けています。

なお、2016年1月から「マイナンバー制度」の運用が始まりました。当事務所は、行政サイドの指導には従うものの、「過剰反応」しないというスタンスで対応を考えています。給与計算でも、基本的にはマイナンバーの記載は不要なのに、「必要だ」という過剰反応を見受けます。当事務所は、行政サイドの運用上の緩和措置などをにらみながら、現実的に対処しています。


★年金でお困りの個人の方へ★

(7)障害年金の裁定請求代行

障害年金は支給を請求する手続きが複雑で、受給できるはずの方でまだ請求していない、あるいは受給する権利を持っていることすら知らない方もいます。この項は障害年金が受給できるのでは、とお考えの個人の方が対象です。まずは無料の出前相談から。遠慮なくお声掛けください。

詳しくは「年金のご相談」のページへ

                   

人事労務ニュース
人事労務ニュース

改めて確認したい管理監督者の労働時間の把握義務と割増賃金の支払い2019/08/13
確認の徹底が求められる育児休業の延長・再延長の申出理由2019/08/06
改めて確認したい休憩時間の基礎知識2019/07/30
口座振替により納付できる労働保険料2019/07/23
増加を続け、深刻さが増す「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2019/07/16

>> バックナンバーへ

旬の特集
旬の特集

   

 先日、平成30年度の精神障害による労災請求件数が過去最多を更新したと発表されました。そこで今回の特集では、この集計結果と、その前提として理解しておきたい精神障害の労災認定基準についてとり上げましょう。>> 本文へ

会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座
会話形式で楽しく学ぶ人事労務管理の基礎講座

   

 このコーナーでは、経営者や管理職が最低限知っておきたい人事労務管理のポイントを会話形式で分かりやすく解説していきます。今回は、従業員を休職させる際の注意点をとり上げます。>> 本文へ

人事労務管理リーフレット集
人事労務管理リーフレット集

育児休業の取得は、子どもが1歳になるまでです。育児休業を延長することができるのは、保育所などに入所できない場合です。
育児休業の趣旨や延長要件における留意点について説明したリーフレット
重要度:★★★★★
発行者:厚生労働省
発行日:2019年03月
nlb0726.pdf

WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集
WORDでそのまま使える人事労務管理基本書式集

| 採用 | 退職・解雇 | 労働時間・勤怠  | その他 |
誓約書
入社に際して提出してもらう誓約書のサンプルです。近年、企業からの情報漏えいに関する報道を目にすることが多くなり、業務上知り得た機密・個人情報について漏らさない旨を誓約させることが増えています。
shoshiki575.doc  shoshiki575.pdf

知っておきたい!人事労務管理用語集
知っておきたい!人事労務管理用語集

>> 用語一覧へ
雇止め
有期労働契約の労働者の契約満了時に、契約更新を行わずに契約を終了すること。有期労働契約の締結及び更新・雇止めに関する基準においては、使用者は、有期労働契約の締結に際しては、更新の有無と判断の基準を、明示しなければならないとしている。

お問い合わせ
■高田社会保険労務士事務所/■〒612‐8083 京都市伏見区京町6‐51‐1 ハイツ美好103/■TEL&FAX 075-748-6068/携帯電話090‐9881‐5702

メールでのお問合せ